--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-16(Tue)

No07-2 紙にレジンをコーティングする 写真用紙とOHPシート

レジンを扱う作家として、やっぱりレジンコーティングは押さえておきたいところです。
僕も、本当は苦手なんですが必要に迫られアレコレ失敗しながらがんばっています。
ここ半年ほどの失敗と、僕なりの解決方法を追記しておきます。参考になれば幸いです。もっといい方法を知っていらっしゃる方がいましたらぜひ教えてください!!!!!


《いろんな紙をレジンでコーティングしてみよう!その2》

前回の記事にも書きましたが、コーティングする紙の厚さ、色、レジン液を吸い込むかどうかによって仕上がりが変わってきます。
紙が厚くて、色が濃くて、レジン液を吸い込まないものほど、透け感は得られません。
逆に、紙が薄く、色も白っぽく、レジン液を存分に吸い込んでしまうものは裏地が透けてしまうほど半透明になります。

では写真のように、紙が厚く、表面にインクがたっぷりのっていて、ある程度水はじきするようなものはどうなるのでしょう?
いざ挑戦です!

まずは素材。
写真、といいましても昨今写真店でプリントしてもらうことも減りました。我が家もデジカメで撮影したものをデータで保存するか、おうちのプリンターで写真用紙に印刷しています。なので、今回使うものも家庭用インクジェットプリンターでメーカー純正の写真用紙に印刷したものです。家庭用ですが、結構いい色が出ます。インクの色あせもしにくくなっているみたいですね。すごいなぁ。

写真用紙に印刷したものを1~2日置いて完全に乾燥させてから切って、表面にレジン液を塗りつけます。

15_05_13_hokuou03.jpg

レジン液を塗るときの注意。
筆やへら、つまようじなど、いろんな道具を使ってレジン液を塗ってきましたが、どれも気泡やゴミがどうしても入ってしまいました。一体どうすればキレイにコーティングできるのか?といろいろ悩みましたが、今のところの解決策は「道具を使わない」です。
レジンのボトルから直接液をたらし、品物を回転させたり傾けたりして重力でレジン液を満遍なく広げていきます。平らなものならこのやり方が一番キレイに仕上がりました。凹凸があるものは、筆で丁寧になぞっていくしかないです。それでも隅っこや隙間に気泡ができるので、あきらめるか、かんばるかの2択でした。筆の種類や素材によっても気泡の入り方が変わるので自分にあったものを探してみるのがいいのかもしれません。僕はまだ、運命の筆には出会えてません。

さて、写真用紙の話に戻ります。
写真用紙はインクジェット用の紙ですが、表面は光沢のある加工がされています。マット加工されている用紙もありますが、今回は一般的な光沢写真用紙を使用しました。
表面にレジン液を塗りこむと、少しの間だけ液をはじき、その後ゆっくり全体にしみこんでいきます。
紙が厚いのでしみこみ方はとてもゆっくりです。
全体に液が浸透しても、紙が透けることはありません。インクの発色もきれいなままです。なんてすばらしい!!
これなら下地に色を塗る必要はありません。

ここからは失敗談。
ゆっくりと液がしみこんでいく過程で、紙の内側からじわじわと気泡が浮き上がってくるんです。なぜかはわかりませんが、じわじわーっと細かい気泡が、まるでお鍋料理の灰汁のように出てきます。
これがこのまま固まるととても汚いです。

15_06_16_kihou.jpg
下の方に気泡が集中しています。これは全部レジン液を塗ったあとから浮き上がってきた気泡です。
普通紙や折り紙ではなかった失敗なので、写真用紙特有のものかもしれません。メーカーさんによっても違いがでそうですね。
僕の場合、気泡を丁寧に取り除くことと、液をたっぷり全体にのせてやることで何とか解決しました。薄塗りするときは特に注意が必要ですね。


ところで。
僕が良く使っているOHPシートと、写真用紙はどっちが発色がいいと思いますか?
OHPシートは透明のプラシートで、シートがインクを吸わないので発色がそこなわれることが少ないです。
でもお高い。A41枚で大体¥100くらいはします。お徳用を買っても、それほど値段は下がりません。
写真用紙の方が原価的には安くなります。下地を塗る必要もないとくれば、こっちを使った方がお得な感じがします。

さぁ、試してみましょう!

15_06_16_kihou02.jpg
まずは写真用紙。
セッティングに下地を塗らず、切り抜いた写真用紙をそのまま入れてレジン液でコーティングしています。
キレイな色に仕上がりました。
でもやっぱり、レジン液がしみこんでいくうちに気泡が浮き上がり、なかなか落ち着いてくれませんでした。
裏面にもレジン液を塗りつけることで多少マシになりましたが、手間が掛かることに変わりはないですね。

15_06_16_kihou03.jpg
こちらはOHPシートです。
セッティングに白い下地を塗り、OHPシートに印刷したものを入れてレジン液を注ぎました。
OHPシートは液を吸わないので金属パーツなどを封入する感覚で作れます。

どちらも元になっているデータは同じものです。写真用紙の方が若干、色が濃くでます。

二つを比べてみると、発色の良さでは写真用紙が勝っていると思いました。でもレジン特有の透明感を残すならOHPシートです。
ここから先は好みの問題かもしれません。個人的には、OHPシートの方が扱いやすかったです。

どちらにしても、普通紙や上質紙に比べインクの発色がいいです。作品の質がワンランク上がったような気がしました!
写真を切り抜いてレジンコーティングしてチャームやブローチを作るのもアリだなと思います。紙自体が厚いのでしっかりと固まりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

じろ

Author:じろ
ふくおかもん
新人ママ作家
主にレジンクラフト、鉤針編み、羊毛フェルトなどで、そのときに作りたいものを作りたいように作る人。
こじろ(小5)とじろこ(小2)のママ。

最新記事
オススメ☆ラインナップ
カテゴリ
なんか追加した日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新コメント
ご来場ありがとうございます
どこが好き?
minne & pixiv & Twitter
☆ イベント出展予定一覧 ☆
2017年
7月
7月30日(日)
Collage Event Ade9
天神チクモクビル
福岡県福岡市 中央区天神3丁目10-27
 

8月
8月20日(日)
いい国つくろう世界会議 Extra Blatt3-drei-
東京流通センター(TRC)
東京都大田区平和島6丁目6−1−1
 

9月
9月17日(日)
COMIC CITY福岡 44
福岡ヤフオク!ドーム
福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2−2
 

10月
10月8日(日)
COMIC CITY SPARK 12
東京ビッグサイト
東京都江東区有明3丁目11−1
 

~2017 出店したイベント~
1月
1月15日(日)
俺様の誕生日だゼ!3
東京ビッグサイト(東京都江東区 有明3-11-1)

2月
2月5日(日)
COMIC CITY 福岡42 世界中のChu!! 2
福岡ヤフオク!ドーム

2月26日(日)
ねこニャン祭
シティプラザ久留米

5月
5月4日(木)
いい国つくろう福岡世界会議22
福岡国際会議場

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。