--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-22(Wed)

No05-2 レジンに色をつけてみる ~アクリル絵の具に挑戦~

レジンに色をつける・・・という挑戦を始めてからもうずいぶん経ちます。
流石に2年もやっているとそれなりに慣れてまいりました。
そうすると、だんだん何かが物足りなくなって来ました。
もっと鮮やかに!色数豊富に!ステキなものを作りたい!!

というわけで、アクリル絵の具での着色に挑戦です!


《色数豊富!扱いやすい!アクリル絵の具でレジンに色をつける!》

まずは絵の具の出所の話。
僕はデザイン系の専門学校出身です。ちなみにダンナさんも、ダンナさんの弟も。3人とも同じ学校。似たもの同士が集まった家族です。
そんな事情で家に絵の具がごろごろしてます。。。というと聞こえが良いですが、みんな学校の授業で買ったは良いが、使いきる前に卒業してしまっただけです。余ってるんです、使ってないから。
そんなわけでちょっといいアクリル絵の具を使います。15年ものです。

今回使用するのはTURNER(ターナー)のアクリルガッシュです。
発色がよく、色数も豊富。いろんなお店で手軽に買えます。一度乾くと耐水性になります。手に付くと取れにくいですが、いろんなものに描けて使い勝手も良いです。
お値段も意外とリーズナブル。
最近はラメ入りや、蛍光色、和っぽい色まで、選びきれないほど色数がそろっています。

で、す、が。

絵の具って、水に溶かさなければ固体、ですよね?
果たしてレジン液に半分固体の絵の具が均一に混ざるのでしょうか?

それがずっと不安で、今まで引け腰でした。
しかもうちにあるのって15年ものよ?15年の間チューブの中で眠っていたのよ?まず使えるのか?

しかも、です。
アクリル絵の具は、ご存知のとおり 不透明 絵の具です。
それを透明のレジンに入れるのです。2液性レジンならまだしも、UVレジンに使ったら硬化するのか?

という、疑問と不安を抱え、いざ挑戦です!(前フリ長くてすみません)


まずは2液性レジン。
使い方は、タミヤのクリアカラーと同じです。
主液に絵の具を混ぜ合わせてから硬化剤を入れます。
タミヤの塗料は液体なので混ぜやすいですが、アクリルガッシュは固体ですのでいつもより多めに混ぜました。混ぜる、というか、練る、というか。とにかく絵の具の塊が見えなくなるまでしっかりと混ぜます。これでもかと気泡が入るまで混ぜました。(どれだけ不安なんでしょうね、僕)
あとはいつもより気をつけて気泡抜きをし、型に流しました。

こちらが出来上がったものです。
15_04_22_color01.jpg
比較のために同じ系統の色を使いました。

15_04_22_color02.jpg
左のがタミヤクリアカラー(ブルー)、右がターナーアクリルガッシュ(スカイブルー・コバルトブルー・プルシャンブルー・ウルトラマリンブルー)

白い紙の上に乗せると、ほとんど差がないように見えます。
むしろアクリル絵の具の方が発色がきれいです。
硬化不良もありません。
思っていたより上手くいきました!

ただ、
予想通りだったのは、透け感です。
クリアカラーの透け感は、やっぱりアクリル絵の具では出せませんでした。

15_04_22_color07.jpg
タミヤ クリアカラーのブルー。文字がはっきり読めるくらい透けます。

15_04_22_color03.jpg
アクリルガッシュのコバルトブルー。かろうじて?文字は読めますが、下地の色などは見えません。

15_04_22_color06.jpg
アクリルガッシュのスカイブルー。こちらも文字がうっすら読める程度。

15_04_22_color05.jpg
アクリルガッシュのウルトラマリンブルー。発色が良すぎて混色した際にビビリ、レジン液を足して薄めた結果、多少透け感が得られました。絵の具の濃度をもっと低くすると割りとすけるのかも?

15_04_22_color04.jpg
アクリルガッシュのプルシャンブルー。こちらも濃度は低め。

比べてみると一目瞭然ですね。
アクリル絵の具は発色がいいですが、やっぱり透明な作品作りにはあまり向いていないようです。
下地代わりに使ったり、不透明なパーツを作る時には積極的に使おうと思いました。
ネットで聞きかじった知識なのですが、アクリル絵の具の種類やメーカーによってはレジンとの相性が悪いものもあるそうです。今回使ったターナーのアクリルガッシュはそこまで悪い印象ではありませんでした。



つづきましてUVレジン。
こちらは「不透明=硬化しない」というゆるぎない事実があるのであんまり期待はしていませんでした。
15_03_27_ao02.jpg
なので「色をつけた層の上に透明の層を重ねる」という作戦をとりました。

まずUVレジンにアクリル絵の具を混ぜ、しっかり混ぜ、なるだけ均一になるまで混ぜ混ぜ、1層目を作ります。
UVライトに当てて硬化させ、2層目を重ねます。こうしておけば表面は硬化していますのでべたつくこともありません。

15_04_10_sizuku07.jpg
ちょっとわかりづらいですが、ピンク色と透明をマーブル模様に混ぜて下地にしています。
正直、均一に色をつけることが難しかったです。レジンの粘度に固体の絵の具を混ぜるのは大変です。混ぜれば混ぜるほど気泡も入るし。不透明になればなるほど固まらなくなります。試行錯誤の結果、透明部分を残すことでなんとか乗り切りました。

15_04_10_sizuku04.jpg
いっそ不透明部分と透明部分を生かしてしまおう、という発想。
両端に着色したレジン、中央に透明のままのレジンを入れて1層目を作り、螺鈿とラメをのせた2層目、さらにトップコート気分で無着色のレジンをかぶせています。
こうすると、光にかざしたときがとてもキレイです。真ん中から光が漏れて螺鈿に反射して、なんだか海の底から覗いている気分。

UVレジンは、不透明では硬化しなくなるので、アクリル絵の具での着色は難しいと思いました。
使いようによっては良い方向に行きそうなので、もうちょっと悪戦苦闘を続けてみたいです。


最近、手芸屋さんでも見かけるようになった「ヴィトラーユ」が気になっています。ネイル用のカラーリングパウダーも買ってみました。まだまだやりたいことが沢山ある♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

じろ

Author:じろ
ふくおかもん
新人ママ作家
主にレジンクラフト、鉤針編み、羊毛フェルトなどで、そのときに作りたいものを作りたいように作る人。
こじろ(小5)とじろこ(小2)のママ。

最新記事
オススメ☆ラインナップ
カテゴリ
なんか追加した日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新コメント
ご来場ありがとうございます
どこが好き?
minne & pixiv & Twitter
☆ イベント出展予定一覧 ☆
2017年
5月
5月4日(木)
いい国つくろう福岡世界会議22
福岡国際会議場
福岡県福岡市博多区石城町2−1
 

8月
8月20日(日)
いい国つくろう世界会議 Extra Blatt3-drei-
東京流通センター(TRC)
東京都大田区平和島6丁目6−1−1
 

~2017 出店したイベント~
1月
1月15日(日)
俺様の誕生日だゼ!3
東京ビッグサイト(東京都江東区 有明3-11-1)

2月
2月5日(日)
COMIC CITY 福岡42 世界中のChu!! 2
福岡ヤフオク!ドーム

2月26日(日)
ねこニャン祭
シティプラザ久留米

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。